• CSD

働き盛り世代の「非常事態」!!

更新日:4月7日




沖縄県の産業を支える働き盛り世代の健康状態が全国ワーストであるという現状を紹介しましたが、その原因としては脳内出血などの高血圧関連による疾患が男性で1位です。

出典:沖縄県 平成30年度みんなのヘルスアクション創出に係る事業所等支援事業「沖縄版 健康経営ハンドブック」


1.生活習慣病が高血圧の原因だった

沖縄県内においては、戦後の食生活をはじめとする生活習慣の変化が高血圧の原因であると言われています。


2.高血圧により引き起こされる疾患とは

血管に常に負担がかかるため、負荷に耐えられなくなった血管は破れてしまいます。それが脳で起こると脳内出血になります。また、血管が傷つけられることで心臓病や腎臓病、動脈硬化を引き起こしやすくなると言われています。


3.高血圧を予防するために実践できること

日々の生活のなかで取り入れられる予防医療のセルフケアとして、「万歳ストレッチ」 「腕振り体操」をお勧めしています。(※クリックでセルフケアの説明動画を見ることができます。)

血管を柔らかくし、血流をよくすることで血管の負担軽減が期待できます。



高血圧による疾患は、引き起こされるまで自覚症状を感じにくいため、サイレントキラーと言われています。

だからこそ、自身の血管事情に耳を傾けて、セルフケアを行うことが大切です。

働き盛り世代が存分に活躍できる社会を目指して、高血圧予防について意識を高めていきましょう。



【健康経営に関するお問い合わせはこちら

閲覧数:26回0件のコメント