top of page
  • 執筆者の写真西里喜明

【代表メッセージ】何故 経営理念が重要か?【理念経営⑪】


前回の「理念経営⑩」で原点回帰について述べた。


中小企業を活性化し、成功を探求する経営誌『理念と経営』12月号に以下の記事が掲載されている。是非参考にしたい!!


パナソニックホールディングスの終身客員木野親之氏(2022年4月22日永眠)は松下幸之助氏との会談での内容をこう述べている。

 

『原点に戻れば、必ず答えは出る』


幸之助はこうも言っています。

「無理だから祈るんや。できないから祈るんや。不可能だから祈るんや」


その祈りとは何かというと、経営理念を何度も何度も思い起こすことです。もちろん、経営理念が悪ければ逆転はできません。良くない理念にいくら祈っても答えはでない。しかし、本当に心血を注いで、自分の気持ちをすべて注ぎ込んでつくった経営理念なら、それはもうその人の命です。その命に祈るのです。

思い出してみてください。経営理念をつくるとき、ものすごく興奮してつくったはずです。

普段はもうそれを忘れてしまっている。

しかし祈ることでそれを思い出すのです。経営の原点に戻るのです。

原点に戻りさえすれば必ず答えは出ます。

経営理念は、自分の命、ある意味では自分の命以上のもの、自分のなかの神様かもしれないのです。なぜなら、自分はこういう決意で会社をつくり、一生それに挑戦していくんだ、経営理念に自分を捧げるんだ、という思いが込められているからです。

 

どうでしょうか、経営者の皆さん、自社の経営理念をそういう思いで再点検し、原点に帰って、祈りながら、自社の再成長に向かって、全社員を引っ張っていくリーダーシップを発揮していきませんか。

必ずや、その先にお互いの幸せがあることを信じて!!




株式会社CSDコンサルタンツ

代表取締役 西里 喜明

閲覧数:38回0件のコメント

コメント


bottom of page