top of page
  • 執筆者の写真西里喜明

【代表メッセージ】自分の成長可能性を信じよう!!【人間力向上⑫】

更新日:2022年12月21日


人間は無限の可能性を秘めていると信じているが、その可能性を開花させる人とそうでない人がいるようである。


人間の潜在能力に関して感性論哲学の創始者・芳村思風氏は

「本物の人間になる 『人間の格』(旧版)のはじめに」に次のように記している。

 

人類は豊かな潜在能力を内蔵している。人間の大脳はまだ約三割しか生かされていないという。われわれの人間性は計り知れない成長余力を秘めているのである。これからの人類はこの可能性に挑戦していかなければならない。

自分を鍛え、心を磨き、命を燃やして、道を極めんとする人間の生きざまには、清々しくもすさまじき身もたぎる美学がある。

 

私達は日頃、それなりの努力をしていると思いがちであるが、本当に「自分を鍛え、心を磨き、命を燃やして道を極めんとする」真剣な生き方をしているのだろうか?

そう考えるとまだ足りない点が多いように思う。


人間の成長の過程を「守・破・離」という段階でとらえることがあるが、


〈大辞泉:守破離の解説〉

剣道や茶道などで修業における段階を示したもの。

「守」は師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。



どの段階も重要である。

基礎固め期、応用期、飛躍期、各々の期に真剣に向き合い、自分自身のポテンシャルを高め、無限の可能性を信じ、納得のいく人生を送りたいものである。




株式会社CSDコンサルタンツ

代表取締役 西里 喜明

閲覧数:83回0件のコメント

Comments


bottom of page