• 新田繁睦

事業計画策定時に大事にしていること

更新日:7月13日



私たちが戦略・計画策定時に大事にしていることは「主語」です。

経営に関する相談は、

・新商品を開発したい、新規の顧客を開拓したい

・事業所を移転したい、設備投資を行いたい、資金調達を行いたい

・社員を成長させたい、次の経営者を育てたい

・経営が厳しい、改善の糸口を探したい


などなど様々で、様々な角度からアドバイスをさせていただいたり、専門家をお繋ぎしたりまた、改善に直接関わらせていただくこともあります。

社員の皆様への説明、関係者の皆様への説明、具体的な環境の整備や改善するための研修など様々です。

そのような場面で、私たちがお手伝いさせていただき作成するのが、「計画」や「戦略」で、他者に正しく伝わるように策定いたします。




策定に大事なのは「主語」です。


なぜ、私たちは「主語」を大切にするのか?

それは、計画や戦略のオーナーは企業様であるからです。

コンサルの「事業計画」や「事業戦略」ではありません。

企業様がオーナーとなり主体的に計画や戦略に取り組むことで、

・よりよいチャンスが生まれ

・より良い商品ができ

・より良い販路が広がり

・より良い人材が育ち

・より良い環境が整い

・より良い改善ができます

私たちはあくまでも黒子であり、私たちが全面に出ることはありません。

企業様自身が主体的に取り組んでこその計画であり戦略です。



経営相談のお問い合わせはこちらから

https://www.csd-c.co.jp/keiei-soudan



戦略・計画策定担当 新田繁睦


閲覧数:49回0件のコメント